シャクヤクの栽培

■特徴
しゃくやくの根は土壌深く伸びる性質があり、乾燥に耐える仕組みになっています。
湿地に植えると根は浅く張り生育が良くありません。
一度植えれば数年はそのままでよく、植えた翌年は花が咲かないことが多いですが
2~3年後は立派な花が咲きます。

 

■植え付け場所
日当たり、排水、風通しの良い場所を選び、苗の到着後早く植えてください。
連作は避けてください。

 

■植え付け方法
①植え穴は40~50cm四方、深さは30から40cmに掘ります。
 株間は70~90cmにします。
②・たい肥(牛糞)を3~4?(洗面器一杯程度)
 ・骨粉をコップに2~3杯
 ・化成肥料(窒素:リン酸:カリ=8:8:8)をひとにぎりを
  掘った土全体に混ぜ込みます。(たい肥は下に敷きこまないでください。)
 (注)上記の化成肥料等はホームセンターで販売しています。
③根と土が密着するよう植え付け、しっかり押し付けてください。
 芽の上に土が3~5cmかぶるくらいにしてください。
④植え終わったら水をたっぷりあげてください。(バケツ一杯程度)

<四季のカレンダー>
2~3月 

 化成肥料(窒素:リン酸:カリ=8:8:8)をひとにぎり施す。

4~5月 つぼみの側芽早めに摘み取り一つにする。
 花が終わりしだい花首から切り取る。
 薬剤は開花直前までに散布する。(殺菌、殺虫剤)
6月上旬 

 花後すぐ御礼肥として化成肥料((窒素:リン酸:カリ=8:8:8)を

 ふたにぎり施す。
6~8月

 殺虫剤、殺菌剤を2~3回散布する。
 梅雨明け後敷き藁をする。
10~11月 

 たい肥(牛糞)、骨粉、化成肥料(窒素:リン酸:カリ=8:8:8)を

 浅く混ぜる。
 芽の上に3~5cm土をかける

Tomioka Peony Garden All rights received.

​富岡しゃくやく園

  • Instagram - Black Circle
  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now